「無添加シャンプー」の時点で胡散臭い

「無添加」そして「オーガニック」

いい響きですね。体に良さそうだもんね。
ところがどっこい、無添加シャンプー=いい訳じゃないんですよ。

そもそも「無添加」って、基準が無いんですよ

無添加というのは今で言う「ノンシリコン」みたいな物です。
「なんとなく体に良さそう」を利用したメーカーの策略。
実は、この「無添加」っていう肩書きは思ってる以上に適当なんですよ。

テレビが言う「イケメン」「美女アスリート」くらい適当です。
付けときゃいいだろくらいの感覚。
どのぐらい適当か、ちょっと例を挙げますね。

パラベン無添加!
⇒無添加シャンプーです。

旧指定成分無添加!
⇒これも無添加シャンプーです。

タール系色素無添加!
⇒なんとこれも無添加シャンプーです。

凄くないですか?これ。
一般に体に悪いとされてる物を省いたら、いきなり無添加シャンプーの出来上がりです。
例えその製品が、「全然体に良くない物」だとしても。

つまるところ。

メーカー「無添加です!」
消費者「体に良さそう!」
というのはあくまでイメージであって

メーカー「無添加です!」
消費者「はぁ・・・それが何か・・・」

これが正しい反応だったりしますw

「無添加」という適当さ加減は異常ですから。
何がどう無添加というより、どんな成分が入っていて、
どんな効果をもたらしてくれるか?の方が100倍重要です。

そもそも、「合成」の何が悪いのか。
予想ですが「なんとなく悪そう」という「イメージ」かと思います。
じゃあ「天然」の何が良いのか。
「なんとなく良さそう」という「イメージ」だと思います。

一度我に返ってみましょう。
なんのために「合成」するのか?という事を考えてみてください。
上のイメージのまんまだと、毒性持たせるために「合成」してることになります。

うちの国の研究者は悪の研究者しかいないのか!?
(悪のメーカーはいるけど)

合成って、確かに悪そうなイメージありますけどね^^;
自然界の天然成分って、そのまま使ったら毒性あったりするから
「合成」してその毒性を消したり、肌に優しくしたりしている訳で。

合成だから、天然だから、って議論はあまり意味がないです。
特に無添加程アテにならない物もありません。

まぁ、ホントに優良なメーカーは拘り抜いてホントにいい商品売ってるんですが、
利益しか考えてないメーカーのせいで埋もれてるというのも事実。売れてるメーカーより、有名じゃないメーカーの方が良い物が多かったりします。
(そんな簡単な物でもないですが、大企業+CMやってるのは・・・基本は利益重視)

逆に、無添加=悪いモノでもないですが、ノンシリコンと同じで優劣がある・・・という事です。
結局その品次第です。

無添加シャンプーが悪いというわけではなく、無添加とか以前の話で
そもそも「優良かどうか」という方に考えてください。
無添加の謳い文句は、信頼性0に近いです。

・・・いや、0です。

続きへ
うそっ・・・市販のトリートメントの効果、なさすぎ・・・?

ブログメニュー

シャンプー一覧 髪質・頭皮タイプ別 シャンプーの知識

関連記事

  1. yajirusi
  2. yajirusi
  3. yajirusi
  4. yajirusi
  5. yajirusi

サイト管理人

HN:Dai  サイトを見ても、 「結局、どれが良いかわからん」 という結論に至り、自分で調べ出すハメに。 自他共に認めるシャンプー馬鹿。 成分関連は5年程前から勉強中。

シャンプー一覧表

一覧表

総合ランキング

ハーブガーデンハーブガーデンシャンプー
ダメージヘア、パサつきをどうにかしたい方に。仕上がりの良さは異常。
RaffiRaffi レビュー
万人向けシャンプー。安いので失敗したくない、とりあえず良いシャンプーが欲しいという方に。
INZシャンプーINZシャンプー レビュー
バカみたいに頭皮が綺麗に。育毛シャンプーで最もいい結果の一品。
凛恋凛恋 レビュー
気軽に買える高品質シャンプーの一つ。香りの良いシャンプーが欲しい方に。
haruスカルププロ haruスカルププロ
カラーや白髪染めをしている30代以上の女性におすすめ。ボリュームや育毛関係で悩んでいる方にも◎。