P&Gは極悪

メーカーの中でも屈指の存在。

「P&G」

えーとですね。
ホントに屈指の存在です。悪い方に。

既に、洗浄剤の話はしましたが、このP&Gはその枠すら外れます。

これは避けたほうが良いと話した「ラウレス硫酸Na」ですが、使うメーカーというのは沢山あります。
なぜここまで使うメーカーが多いのかというと、「原価が安い」もなんですが、
実はこの「ラウレス硫酸Na」は、「ある洗浄剤」の改良成分だったりします。

改良されて、肌荒れが起きにくいように改善された成分なんです。
(ラウレス硫酸Naをおすすめする事は、決して不可能ですが)

そして改良前の成分が「ラウリル硫酸Na」
ラウ「レス」ではなく、ラウ「リル」です。
先に世に広まったのはラウリル硫酸。でも、今はほとんど使われなくなってきています。

・・・・・・P&Gを除いて。

このラウリル硫酸というのは、ラウレス硫酸と同じく洗浄力が極めて高く、
そして何より「浸透する」んです。分子量が小さいために。
ラウレス硫酸というのは、ラウリル硫酸にポリオキシエチレン鎖を付けて分子量を大きくし、浸透性を抑えた物。

ラウレス硫酸は単に、ラウリル硫酸よりも安全性を上げた成分と思って下さい。
・・・それで、ですね。

ラウリル硫酸というのは、冗談抜きで「肌荒れを起こす」洗浄剤だったりします。
これは歴史からも実証されている事で、その浸透性の高さから、かゆみや、頭皮荒れを起こす人があとを絶たず・・・
今ではシャンプーや化粧品に配合されている事は稀です。

・・・・・・P&Gを除いて。

そう、未だに使っています。
ラウレス硫酸をベースにして、サブにラウリル硫酸を配合してたりするんですが、頭大丈夫かと。
車のエンジンでも洗う気なんですかね?

いや、ホントに何を考えてるのかわからないんですよ。
利益重視にしても行き過ぎだと思います。
ラウリル硫酸の毒性というのは、ラウレス硫酸と比較にならないレベルです。

あ、ならラウレス硫酸なら大丈夫だね!
とか思わないでくださいね。
あっちも良い成分とは程遠いですから。

まぁ、ラウレス硫酸Naは許容したとしても、P&Gだけは避けて下さい。
そうして頂けるなら、このサイトを作った甲斐あったとさえ思います。

シャンプーのコラム一覧へ

ブログメニュー

シャンプー一覧 髪質・頭皮タイプ別 シャンプーの知識

関連記事

  1. yajirusi
  2. yajirusi
  3. yajirusi
  4. yajirusi

サイト管理人

HN:Dai  サイトを見ても、 「結局、どれが良いかわからん」 という結論に至り、自分で調べ出すハメに。 自他共に認めるシャンプー馬鹿。 成分関連は5年程前から勉強中。

シャンプー一覧表

一覧表

総合ランキング

ハーブガーデンハーブガーデンシャンプー
ダメージヘア、パサつきをどうにかしたい方に。仕上がりの良さは異常。
RaffiRaffi レビュー
万人向けシャンプー。安いので失敗したくない、とりあえず良いシャンプーが欲しいという方に。
INZシャンプーINZシャンプー レビュー
バカみたいに頭皮が綺麗に。育毛シャンプーで最もいい結果の一品。
凛恋凛恋 レビュー
気軽に買える高品質シャンプーの一つ。香りの良いシャンプーが欲しい方に。
haruスカルププロ haruスカルププロ
カラーや白髪染めをしている30代以上の女性におすすめ。ボリュームや育毛関係で悩んでいる方にも◎。